新年度はライフステージの変わり目! 人間関係の悩みは性格を知れば解決!?

「自分の性格や人柄」の調査結果をご紹介します。

4月を迎え、いよいよ新年度。
新しい職場や仕事・学校などライフステージの変わり目でもあり、
それは新たな出会いなど自身を取り巻く環境が大きく変わる時期でもあります。
個人にとっては人間関係をどうすれば良いのか、
企業にとっては顧客へのアプローチをどうすれば良いのかなど、
特にこの時期は「人」を知ることが求められるのではないでしょうか。
「人」を知るためには年齢や職業、学歴や年収などいわゆる属性情報を得る方法も
ありますが、「性格」から読み解いてみる方法もあるかもしれません。
そこで今回は「自分の性格や人柄」を男女の差で見た調査結果をご紹介します。



男性は「自分の気持ちに忠実に考え行動する」、女性は「笑うし泣くし心配するし、
周りもみるし」といった部分が男女の差として見られました。
ターゲットへのアプローチはこれらの差が大きいところにヒントがあるのでは
ないでしょうか。男女別だけでなく年代やライフステージ別に見ることでさらに
大きなヒントがあるかもしれません。




ご参考:割合の一覧です


Q15 次にあげてある性格や人柄の中で、あなたご自身にあてはまるものがあれば、
いくつでもけっこうですから、お知らせください。
(n数 男性:3,680 女性:3,720 全体:7,400)


データ元 : JNNデータバンク定例全国調査2020
調査対象 :男女13~69歳、2020年11月実施、n=7,400

JNNデータバンク調査概要 https://www.jds.company/datebase01j/


                  データ(PDF)はこちら