TBSテレビをキー局とする民間テレビ放送ネットワークのJNN加盟28社により企画・実施されている全国生活者調査です。

1971年の第1回調査以来、毎年生活者にかかわる様々な分野について正確かつ豊富な調査結果の提供を行っています。数十年にわたって継続調査している項目も多数あり、時代の変化をみることのできる数少ない調査データベースです。利用企業は延べ500社以上にのぼり、多くの企業のマーケティング活動を支える生活者調査データとしてご利用いただいております。

日本の生活者の代表性を確保したサンプリング調査として民間では最長・最大の規模を有しております。ますます、混迷を深める時代の生活者分析に役立つデータベースです。

■調査内容

全国28地区を縦断する大規模な実態調査にもとづいて、
  1.商品保有・商品使用情報
  2.生活意識・生活行動情報
  3.媒体接触情報
生活者を3つの方向から調査・分析します。

■調査設計

  • 調査対象者:約7,400(全国 13歳~69歳 一般男女)
  • 調査時期:毎年11月実施

*1999年調査まで年2回(5,10月) 各3,500サンプルにて実施
*2014年より5地区(首都圏・近畿・名古屋・札幌・福岡)では、70-74歳(約300サンプル)を追加

  • 調査地域:北海道から沖縄に至る全国の都市部(一部郡部を含み、全国の人口の4分の3をカバー)
  • 調査方法:配布留置回収法

・Japan-VALSを採用*2014年から ・・価値観からの分析アプローチが可能になりました。

■調査項目

  • ライフスタイル項目・・約120項目生活意識行動
  • メディア項目・・約90項目

 

  • 商品保有銘柄 個人/世帯 項目・・約280項目
  • フェースシート項目 約40項目

 2019年11月現在

調査項目一覧はこちら 調査項目詳細はこちら ※PDFファイルが開きます

■過去調査実績

※第1回~42回は、13~59歳、第43回以降は13~69歳までが調査対象。

※第57回以降は年1回、11月の調査になり、約7400標本で実施、第71回より、5地区(札幌、首都圏、名古屋、近畿、福岡)にて、70代約300標本追加

 

□首都圏追加パネル調査

  • 生活者のマクロトレンドから個別商品と生活者のかかわりを捉えるための2段階の調査フレーム
JNNデータバンク首都圏追加調査は、11月実施の全国調査に盛り込めない内容への対応、
また11月以外での調査時期の対応を計るため首都圏のエリアサンプルをモニター化しており、
毎年2月、5月、8追加の調査を実施しております。
調査結果内容は先に実施をしている11月の全国調査データとのデータマージが可能で
11月実施の全国調査の様々な設問とのクロス集計が可能となっている調査です。





■提供サービス   

JNNデータバンクは、年間会員制サービスです

  • 会員専用Webサイトよりデータ提供

・ 当該年における最新調査データ(調査全項目  性・年代別クロス集計表)
・ 調査主要項目時系列データ(過去約40年)
・ データ集計サイト CV21Webより データ検索、クロス集計、トレンド集計   
  などのデータ集計環境の提供  ※データ使用年度 1971年~ 応相談 

   集計ソフトウェアの機能紹介はこちら ※PDFファイルが開きます

  • レポート提供

・当該年における最新調査データレポート(性年代等の基本属性によるクロス集計結果)
・調査主要項目における時系列結果表
ライフスタイルトレンドレポート(トレンド分析レポート)
その他生活者分析レポート (参加年度のテーマによる) ※一部有償

  • その他サービス

・個別設問要望の受付 ※設問要望は無料ですが調査を確約するものではありません
首都圏追加パネル調査の実施(有償)
・データ集計・解析のサポート(有償)
・個別テーマの分析業務 (有償)

■費用   

  • 費用は、提供物内容、データ使用年度により異なりますので個別に見積をいたします。